話題の宅配クリーニング【Lenet(リネット)】とは?時間もお金も賢く節約

「Lenet(リネット)」はきめ細かいサービスと使いやすさが好評の、人気宅配クリーニングサービスです。

宅配クリーニングの満足度調査では五つの項目でNO.1を獲得しており、会員数も40万人を超えています。

家にいながら集配も受け取りも済んでしまう宅配クリーニングは、子育てや仕事で忙しい人の間ではもはや常識といってもよいでしょう。

家事の時短やクリーニング代の節約に役立つ、「Lenet(リネット)」の特徴や使い方を解説します。

宅配クリーニングリネット
話題の宅配クリーニング【Lenet(リネット)】とは?時間もお金も賢く節約
話題の宅配クリーニング【Lenet(リネット)】とは?時間もお金も賢く節約

宅配クリーニングのリネット 話題の宅配クリーニング【Lenet(リネット)】とは?時間もお金も賢く節約

宅配クリーニング Lenet(リネット)の仕組み

宅配クリーニング Lenet(リネット)の仕組み

宅配クリーニングは、集配と受け取りに宅配便を利用します。

クリーニングに出したい服を梱包し、ネットで申し込むだけでよく、クリーニング店に行かずに済むのが大きなメリットです。

ただし料金や会費は、業者によってさまざまです。

(詳しくはこちら 宅配クリーニングはどんなサービス?選び方やおすすめ業者を紹介

始めにLenet(リネット)の仕組みについて見ていきましょう。

2種類の会員

Lenet(リネット)を利用するためには、会員登録が必要です。

「通常会員」「プレミアム会員」の2種類があり、好きな方を選べます。

通常会員

通常会員は会費が無料ですが、送料無料の条件が合計金額11,000円以上と、少し厳しめです。

お届け日数もプレミアム会員に比べて長くかかるため、急いでいる人には向いていません。

下記の条件に当てはまる人には、おすすめです。

・1度にたくさんの洋服をクリーニングしたい
・年に1~2度しか利用しない
・急がないが安く済ませたい

プレミアム会員

宅配クリーニングをこまめに利用したい人は、プレミアム会員に登録するとお得です。

月会費429円のプランと年会費5,148円のプランから選べますが、年会費プランにすると400円割引券が6回分付いてきます。

他にも下記のような特典が用意されているので、クリーニングをよく利用する人はプレミアム会員を検討しましょう。

・2,640円以上で送料無料
・お届け日数:最短2日後
・シミ抜き、毛玉取り、リファイン加工、抗菌防臭加工、やわらか加工無料
・ダンボール無料手配
・宅配ボックスやコンビニ預けが利用可能
・リネット安心保証無料

初めて利用する人はもっとお得に

Lenet(リネット)では初めての人を対象に、プレミアム会員がさらにお得になる特典を設けています。

月会費プラン:初月と翌月の月会費が無料!
年会費プラン:プレミアム会員期間が2カ月延長&400円割引券6回分

10,000円分も出す予定がなく、送料がもったいないと考えている人は月会費のプレミアム会員になりましょう。

翌月に解約すれば月会費が発生しない上に、初回はクリーニングの点数に関係なく送料が無料になる特典が受けられますよ。

さらに今なら全品30%OFFのキャンペーン特典も!

クリーニングは宅配でらくちん♪リネット 話題の宅配クリーニング【Lenet(リネット)】とは?時間もお金も賢く節約

宅配クリーニングの不安を解消!Lenet(リネット)の取り組み

宅配クリーニングの不安を解消!Lenet(リネット)の取り組み

宅配クリーニングは便利とはいえ、対面ではないため利用に不安を感じる人が多いのも事実です。

Lenet(リネット)が行っている、不安解消のための取り組みを紹介します。

再仕上げや返金も リネット安心保証

プレミアム会員なら、クリーニングの仕上がりに満足できない場合は、届いてから30日以内に申し込めば無料で再仕上げしてもらえます。

再仕上げにも満足できないときは、クリーニング料金を返してもらうことも可能です。

万が一事故で衣類がダメになってしまったときも、再購入価格(再取得価格)の100%を補償してくれるので、お店に出すよりも安心といえるでしょう。

(再取得価格が10万円以下の衣類に限ります)

通常会員は、7日以内に申し込めば再仕上げのみ可能です。

シミ抜き・加工サービスなど

Lenet(リネット)では特に指定しなくても、可能な限りシミ抜きや毛玉取りを無料でやってもらえます。(通常会員はシミ抜きのみ)

プレミアム会員になれば、普通のクリーニング店なら有料のワイシャツの抗菌防臭加工や、柔らか加工・滑らか加工なども無料になります。

ダンボールの用意も

宅配クリーニングで意外に悩ましいのが、洋服を入れる箱や袋の準備です。

ちょうどよい箱や袋がなければ、コンビニなどに買いに行かなければなりません。

Lenet(リネット)ではプレミアム会員に限り、集荷日時に宅配員が梱包用のダンボールを持ってきてくれます。

後は洋服をその場で詰めて、渡すだけ。もちろんダンボール代金は無料です。

ただし時間帯によっては利用できないため、利用の際は注意してください。

クリーニングは宅配でらくちん♪リネット 話題の宅配クリーニング【Lenet(リネット)】とは?時間もお金も賢く節約

Lenet(リネット)のデメリット

Lenet(リネット)のデメリット

便利な宅配クリーニングも、使い方が合わないとお得感がなくなります。

Lenet(リネット)にありがちなデメリットを見ていきましょう。

予想より高くつくこともある

Lenet(リネット)では集荷が終わってから、正確な料金がメールで送られてきます。

ホームページに出ている料金は目安ですので、衣類の素材によっては追加料金がかかり、思っていたよりも高くなってしまうこともあるのです。

このため革やカシミヤなどの特殊な素材の衣類を預けるときは、特に注意が必要です。

ただし大幅に高くなる場合はキャンセルできるので、実際に高額な料金を支払うケースはほとんどありません。

また公式サイトには「料金シミュレーター」があり、ある程度事前に計算できます。

少量の利用には不向き

Lenet(リネット)に限らず、宅配クリーニングは「○点以上」「○円以上」で送料無料になるため、一度にたくさん出す方がお得です。

1点だけ出す場合は大体送料がかかってしまうので、ある程度点数が多いときに利用することをおすすめします。

ダウンなどは専門の業者に及ばないケースも

ダウン製品や革製品のような天然の素材を使った衣類は、専門の知識がある業者に依頼する方が安心です。

特に高級ブランドのコートなどは、何かあってからでは手遅れですから、クリーニング業者は慎重に検討しましょう。

ダウン製品のクリーニングについてはこちらの記事でも紹介しています。

ダウンのクリーニングは失敗しやすい?ふんわり仕上がるおすすめ業者とは

Lenet(リネット)はこんな人におすすめ

Lenet(リネット)はこんな人におすすめ

最後に宅配クリーニングLenet(リネット)をおすすめしたい人と、その理由を見ていきましょう。

育児や家事に忙しい人

小さな子どもがいる家庭では、「洋服を袋に入れて持って行くだけ」でも大変な作業です。

子どもを置いて行くわけにもいきませんし、ベビーカーや抱っこ紐での移動は持てる荷物も限られます。

Lenet(リネット)なら申し込みから受け取りまで、家から一歩も出ずに完了します。

2回目以降はスマホアプリでパパっと申し込めるので、育児や家事で手一杯の人も負担になりにくいでしょう。

パリッとしたワイシャツが欠かせないビジネスマン

ワイシャツは家庭で洗濯できますが、「パリッとシワのない」仕上がりにしたくて、クリーニングに出す人も少なくありません。

しかしクリーニング店は開店時間が限られており、忙しい人はなかなか取りに行けないことも。

Lenet(リネット)では宅配業者の営業時間内ならいつでも集配・受け取りの指定ができる他、宅配ボックスやコンビニ受け取りも利用可能です。

いつも清潔なワイシャツで、気持ちよく仕事に臨めるでしょう。

高齢者

Lenet(リネット)は体力のない高齢の方にもおすすめです。

衣類は重い上にかさばるため、クリーニング店に持って行くのがおっくうになり、つい放っておくことにもなりかねません。

礼服など、着たいときにきれいな状態でないと困る衣類は、宅配クリーニングを利用して早めに洗っておきましょう。

面倒なクリーニングはLenet(リネット)にお任せ

衣替えのシーズン、大量の洗濯物を前に途方に暮れてしまうあなたには、宅配クリーニングのLenet(リネット)がおすすめです。

Webから簡単申し込みで取りにきてもらえて、数日後にはおうちに届けてもらえます。

Lenet(リネット)を使いこなせば時間にゆとりができて、おしゃれも一層楽しめるでしょう。

まずは初回お試しにチャレンジして、宅配クリーニングのよさを体験してみてくださいね。

リネット30%OFF

宅配クリーニングのリネット 話題の宅配クリーニング【Lenet(リネット)】とは?時間もお金も賢く節約 話題の宅配クリーニング【Lenet(リネット)】とは?時間もお金も賢く節約

関連記事

布団を丸洗いするなら、宅配クリーニングが便利です。 毎日使う布団には、目に見えない汚れがたくさん付いています。 シーズンオフの布団をそのまま押し入れなどに保管すると、ダニやカビが増えてアレルギーの原因となってしまうことも。 […]

布団アイキャッチ