ダウンのクリーニングは失敗しやすい?ふんわり仕上がるおすすめ業者とは

軽くて暖かいダウンのジャケットやコートは、冬のおしゃれの定番です。

毎日お世話になるダウンには、汚れがたくさん付いています。

次のシーズンも気持ちよく着られるように、きれいに洗ってから保管しておきたいですね。

アイコン
やぎ夫人
ただし羽毛はデリケートなので、洗い方を間違えると残念な結果になることも・・・
カトリーヌ
カトリーヌ
そ、そんな・・・?
夫人
やぎ夫人
今回はダウン製品の家庭での洗濯方法や、失敗しないクリーニング業者の選び方を紹介します。
正しい洗濯方法を押さえて、ダウンを着こなしてくださいね。
カトリーヌ汗
カトリーヌ
大事な羽なんだから、きれいにふんわり洗ってね?

ダウンジャケットやコートのお手入れ方法

ダウンジャケットやコートの失敗しない洗濯方法

ダウン製品は基本的に家庭で水洗いできます。

水鳥の羽を使っているので、水に濡れるくらいは全く問題ないのです。

ただし外側の生地が水洗いできない素材だったり、撥水加工が施されたりしている場合は注意が必要です。

大切なダウンの洗濯はクリーニング店に依頼する方が、失敗のリスクを減らせるでしょう。

家庭で洗濯する場合は他の衣類とは別にして、慎重に作業することをおすすめします。

ダウン製品の基本的なお手入れ方法を解説します。

ブランドモノはクリーニングへ

ダウン製品を自宅で洗うと、どうしても生地の光沢がなくなったり、ダウンがへたってきたりします。

お気に入りのダウンを長く愛用したいなら、クリーニングに出す方が安心です。

ただし、ダウンのクリーニングは料金が高いのがネックです。

1着につき数千円はかかるので、2~3回出すとクリーニング代の方が高くつく場合もあります。

「自宅で何度か洗濯して、失敗したら買い換える」ものと、「クリーニングに出しながら大切に着る」ものは、はっきりと分ける方がよいでしょう。

1着数万円以上するような高級ブランドなら、クリーニングに出す価値は大いにあります。

やぎ
やぎ夫人
つまりユニ○ロのダウンはクリーニングより、手洗いがオススメということです

失敗しない手洗い方法

洗濯の前に、製品の洗濯表示を必ずチェックします。

水洗い不可のものは、無理をせずにクリーニングに出しましょう。

準備するモノ

★お湯を張る容器
おしゃれ着の中性洗剤 ←クリックして詳細をみれますダウンのクリーニングは失敗しやすい?ふんわり仕上がるおすすめ業者とは
★大きめのバスタオル
ダイヤ お風呂で平干しネット 室内干し ←クリックして詳細をみれます

  1. 襟・袖の汚れやシミがあれば、あらかじめ洗剤を直接塗って汚れを浮かせておく
  2. 浴槽や大きめの洗面台に30℃くらいのぬるま湯を張る
  3. 洗剤を入れたら、ファスナーを閉めて形を整えたダウンジャケットを漬け込む
  4. 洗剤液を全体にしみ込ませ、2~3回優しく押し洗い
  5. お湯を取り替え、洗剤の泡が出なくなるまですすぎを繰り返す
  6. すすぎ終えたら全体を軽く押しながらお湯を抜き、バスタオルに挟んで水気を取る
  7. 寝かせた状態で陰干し
  8. ある程度乾いてからハンガーにかけ、完全に乾かす
  9. 乾いたら手でほぐすようにして中のダウンに空気をまとわせる

最初からハンガーにかけると、重みでダウンが下の方に偏って形が崩れます。

大きめの平干しネットなどを使って、水分が減ってから吊るすようにしましょう。

浴槽や洗面台が使えない人はこちらの記事で紹介している「折りたたみタライ」も便利ですよ。

洗濯機や乾燥機の使い方

洗濯機に「手洗い」や「ドライ」モードがあれば、手洗いよりも楽に洗えます。

以下のポイントを守ってささっと洗ってしまいましょう。

・ぬるま湯を使う(熱いお湯は傷みます)
・洗濯ネットに入れる
・脱水は1分以内

干し方は手洗いと同じです。

また、乾いた後に30分ほど乾燥機にかけると、よりふっくらさせることができます。

ただし乾燥機NGな生地もあるので、必ず洗濯表示を確認してください。

・濡れたまま入れない
・ファスナーを閉めて裏返す
・1度にたくさん入れない

乾燥機がない人は、コインランドリーの乾燥機でも大丈夫です。たった数百円でフワフワの着心地を取り戻せますよ。

こんなはずでは・・・ダウンクリーニングの主な失敗例

ダウンジャケットやコート洗濯の失敗例

ダウン製品をクリーニングに出すと、仕上げに失敗するケースがあります。原因は、業者がダウン製品の扱いに慣れていないことです。

大切なダウンを守るためにも、よくあるトラブル例を押さえておきましょう。

ヘンな臭いがする

クリーニング後の衣類から石油のような臭いがするときは、「ドライクリーニング」の溶剤が原因と考えられます。

ドライクリーニングは水を使わずに洗濯する方法のことで、汚れを落とすために石油系の溶剤を使います。

溶剤の保管方法や分量を間違えたり、十分に乾燥していなかったりすると、溶剤が衣類の中に残って臭うようになります。

ダウン製品は乾燥に時間がかかるので、慣れていない業者が完全に乾かないうちに仕上げてしまうと、石油臭が残りやすいのです。

ふんわり感がなくなる

ダウンをクリーニングに出せば、買ったときのようにふんわりした感じで戻ってくるハズと期待するでしょう。

ところが意外にも、ぺたんこになって戻ってきてがっかりする人が少なくありません。

ぺたんこのダウンは空気を含んでいないので、保温性もなくなってしまいます。

ふんわり感が出ないのは、クリーニング店の乾燥が不十分だからです。

中の羽毛もしっかりと乾燥させ、ほぐしてあげなければダウン製品は本領を発揮できません。

もしぺたんこになっていたら、再乾燥を依頼しましょう。

シミや型崩れのリスクも

きれいにしてほしくてクリーニングに出したのに、シミができてしまったらとても残念ですね。

ダウン製品は羽毛が飛び出さないように縫い目を細かくしていたり、生地に撥水加工してあったりするものがたくさんあります。

そのような衣類を普通にクリーニングすると、洗剤が残ったり隠れていた汚れが浮き出てきたりして、シミになることがあるのです。

また手洗いのときと同じで、乾燥のさせ方が悪いと羽毛が片寄って型崩れしてしまいます。

失敗しないクリーニング業者を選ぶには

失敗しないクリーニング業者を選ぶには

カトリーヌ汗
カトリーヌ
ぺたんこも型崩れもいやだよう
夫人
やぎ夫人
そうですね。でもダウン製品に精通したクリーニング業者を選べば大丈夫。業者選びのポイントを見ていきましょう。

水洗い(ウエットクリーニング)に対応している

クリーニングの手法には「ウェット」と「ドライ」があります。

ウェットクリーニングは汗や血液などの水溶性の汚れに、ドライクリーニングは皮脂や排気ガスのような油性の汚れに有効です。

通常の衣類の場合、ドライかウェットかは汚れの種類によって使い分ければよく、水に弱いウール製品などはドライだけでも十分とされています。

ただしダウン製品の場合はそうもいきません。

水鳥の羽毛には、元々水分をはじくための油分が含まれています。

ダウン製品は羽毛の油分のおかげで空気をよく含み、ふっくらとあたたかくなるのです。

油性の汚れに適したドライクリーニングでは、羽毛の油分までが洗い流され、あたたかさが失われてしまいます。

安い・早いが売りのクリーニング店は、ドライクリーニングしかできないことが多く、知らずに出すと失敗の元になります。

ダウン製品をクリーニングに出すなら、ウェットクリーニングに対応している業者を選びましょう。

ダウンクリーニングの実績がある

ダウン製品には他の衣類にはない特徴があり、クリーニングの方法も異なります。

このため扱いに慣れていない業者が手がけると、思わぬ失敗を招くリスクがあるのです。

大切なダウンを任せるなら、ダウン製品の取扱い実績が豊富なクリーニング店を探しましょう。

近所にそんなお店はないという場合でも、インターネット経由で申し込める宅配クリーニングがあります。

宅配クリーニングならかさばるダウンを持ち歩かずに済む上に、お店の営業時間を気にする必要もありません。

ダウンクリーニングのおすすめ業者

失敗しないダウンクリーニングのおすすめ業者

最後にダウン製品のクリーニングを安心してお任せできる、おすすめ業者を紹介します。

ネットの口コミなどを見ながらゆっくり比較検討できるので、選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

26,000着以上の実績! PRO-SHOP HIRAISHIYA

ダウンジャケットクリーニング ダウンのクリーニングは失敗しやすい?ふんわり仕上がるおすすめ業者とは

HIRAISHIYAはダウンクリーニングの専門店です。

安達太良山の天然水を使用したウェットクリーニングでデリケートな羽毛をいたわり、ふっくらと仕上げます。

「モンクレール」の直営店でも不可能なリペアもできる、高度な技術もセールスポイントです。

色あせやほつれもバッチリ修理してくれるので、新品のような仕上がりが期待できますよ。

他の衣類もまとめてお任せ リナビス

ダウンコート宅配クリーニング ダウンのクリーニングは失敗しやすい?ふんわり仕上がるおすすめ業者とは

ダウン製品以外の冬物衣類もまとめてクリーニングするなら、リナビスがおすすめです。

5点・10点・20点の3種類のコースがあり、1点ずつ出すよりもお得になります。

こちらから頼まなくても、取れそうなボタンをつけ直したり、シミを抜いてくれたりといった「おせっかい」もうれしいポイント。

ブランドダウン製品の取扱い実績も多く、安心してお任せできます。

お気に入りのダウンは信頼できる業者で洗おう

カトリーヌ
カトリーヌ
よかった!羽毛のことを考えてくれる業者を選べば、失敗もなくなりそうだね?
夫人
やぎ夫人
そうね。それに宅配クリーニングならどこにいても出せるから、汚れたまま放置することもなくなるよね。
信頼できる業者を選んで、お気に入りのダウンを長く愛用しましょう。
宅配クリーニング

衣替えのシーズンが近づくと、面倒なのがクリーニング店への往復です。 かさばる上に重い衣類を持ってお店に行くのは、意外に重労働です。 そんな時は、宅配クリーニングを活用してラクしましょう。 上手な選び方やおすすめのサービスを紹介します。 [a[…]

クリーニング
布団の宅配クリーニング

布団を丸洗いするなら、宅配クリーニングが便利です。布団は家庭での洗濯が難しく、天日干しや布団乾燥機でダニを退治するのが精いっぱい。大きな布団をコインランドリーやクリーニング店に持って行くのも一苦労ですね。宅配クリー[…]

布団アイキャッチ
靴の宅配クリーニング

靴も洋服と同じように、クリーニングに出せるのをご存知でしょうか。忙しくてクリーニング店に行けない方も、宅配クリーニングを利用すれば簡単です。靴のシミやニオイが気になる靴は、プロにお任せしてスッキリきれいにしてもらいましょう[…]

靴のクリーニング
大学受験大学受験
大学受験大学受験