アロマストーンは手作りできる 石粉粘土を使った簡単な作り方を解説

アロマストーンは、好きなアロマオイルを数滴たらすだけの手軽なディフューザーです。

雑貨店やアロマグッズ専門店などで買えますが、「石粉粘土(せきふんねんど)」を使えば家庭で安く簡単に作れます。

好きな形のアロマストーンをたくさん作って、いろいろな香りを楽しみましょう。

アロマストーンの作り方と実際に作った感想をお伝えします。

手作りアロマストーンの材料

石粉粘土でアロマストーンを作る

手作りアロマストーンの材料は「石粉粘土」です。「石塑(せきそ)粘土」と呼ばれることもありますが、同じものです。

その名の通り石の粉でできた粘土で、成形後に乾燥させるとカチカチになります。

最初は紙粘土のように柔らかく、手も汚れないので初心者や子どもでも楽に成形可能です。

100円ショップにも売っているので、入手しやすく手軽にアロマストーン作りを楽しめます。

おすすめ石粉粘土

きめが細かく、よく伸びて成型しやすい粘土です。乾燥後の削りや磨き作業も楽で、初心者に最適。

重くて強度もあるため、安定感のあるアロマストーンが作れます。

¥550 (2021/10/07 11:39時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場 アロマストーンは手作りできる 石粉粘土を使った簡単な作り方を解説
\超PayPay祭開催中!/
Yahooショッピング アロマストーンは手作りできる 石粉粘土を使った簡単な作り方を解説

アロマストーンの作り方

アロマストーンの作り方

続いてアロマストーン作りの道具と作り方を紹介します。

用意するもの

  • 石粉粘土(ダイソーの200g入りを使いました)
  • クッキーの抜き型
  • ヘラ(成形用)
  • のし棒
  • オーブンシート、割りばし(あると便利)
  • 水と小皿
  • ヒモ・つまようじ、ストローなど(必要な人のみ)

石粉粘土の上下にオーブンシートで敷いてから成形すると、テーブルやのし棒が汚れません。

抜型を使って薄いアロマストーンを作る場合は、割りばしを粘土の両サイドに置いて、その上でのし棒を転がすと厚さが均一になります。

また、つまようじやストローで穴を開けておくと、ヒモを通して車やクローゼットなどに吊るせるので便利ですよ。

星やジンジャーマン、トナカイ、木の型を使って、クリスマスツリーのオーナメントにしてもかわいいですね。

100均の石粉粘土手作りアロマストーンヒモつき
100均の麻ヒモを通してみました

成形・型抜き

石粉粘土を手でよくこねて、柔らかくなったら平らに伸ばして型抜きしたり、好きな形に成形したりします。

型抜きしたあとがギザギザになったり、表面に凸凹ができたりした場合は、指に水をつけてなぞると滑らかになります。

形は自由に

好きなデザインを作れるのが、手作りのメリットです。立体的な形やクッキーのような形、小さなものをたくさんなど、自由な発想で作ってみましょう。

100均の粘土で作るアロマストーン
スライム!絵心があったら顔を描きたかった
100均の石粉粘土を使うアロマストーンの作り方
木とお魚

乾燥させて出来上がり

形を作ったら風通しのよい場所に2~3日置いて乾燥させます。石のようにカチカチになったら出来上がり!

陶器やガラス、ステンレス容器の上に置いてから、お好きなアロマオイルをたらして香りを楽しみましょう。

石粉粘土でのアロマストーンの作り方
200gの石粉粘土一袋で、こんなにたくさんのアロマストーンができました!

手作りアロマストーンを試してみて

 
黒美さん
アロマストーンって意外に簡単に作れるんですね。子どもと一緒に作ろうかな
 
やぎ夫人
安くてたくさんできるから、家の中のいろいろな場所に置けます。
不器用な夫人でも30分くらいで作れました!
アロマ初心者でも楽しめる「アロマストーン作り」、ぜひお試しくださいね。

お手入れ不要アロマディフューザー