アロマオイルを香水として使うには 精油と香水の違いや手作り香水レシピを紹介

アロマオイル(精油)と香水はどちらもすてきな香りがするアイテムですから、違いが分からない人も少なくありません。

精油を香水のように使ったり、香水でアロマテラピー効果を得たりすることは、可能なのでしょうか。

両者の違いや特徴、好きな精油で香水を手作りする方法を解説します。

アロマオイルと香水の違い

精油と香水の違い

アロマオイルと香水は似ているようで、全くの別物です。どのような点が違うのかを、具体的に見ていきましょう。

アロマオイルは天然成分

アロマオイルとは、花や樹木などから抽出される天然の香り成分です。

原料となる植物が持つ薬効成分が含まれており、ストレス解消・リフレッシュなどのアロマテラピー効果や、殺菌・虫よけなどの効能が得られます。

キャリアオイルやアルコールで希釈すれば、香水のように肌に付けて使うことも可能です。

ただし「アロマオイル」として販売されている商品の中には、人工的に香りを付けただけのものも含まれます。

アロマの効能を得たい人は、必ずエッセンシャルオイルや精油と書いてあるものを選びましょう。

参考 エッセンシャルオイル(精油)とは?特徴と香りの選び方・おすすめショップを紹介

香水は加工品

一方の香水は、さまざまな天然香料や合成香料をブレンドして作る化粧品です。

香水は最初からよい加減に調香されているので、そのまま洋服や肌に付けるだけで、お気に入りの香りを長く楽しめます。

あくまでもコスメや洋服、アクセサリーと同じファッションアイテムであり、精油のような効能はありません。

精油だけを使った市販の香水もある

アロマ香水おすすめ

一般的な香水は、強く長く香るように作られています。

香りが強過ぎて周りに迷惑をかけることもあり、使用時には配慮が必要です。

天然精油だけで作る香水なら、普通の香水を付けるのは難しいシーンでも、優しい香りを楽しめますよ。

アロマオイル香水の特徴

アロマオイル香水には、以下のようなメリットがあります。

  • 香る範囲が狭いため他人に不快な思いをさせる可能性が低い
  • 外出先でもアロマテラピー効果を得られる
  • 香りが短時間で消えるので、帰宅後赤ちゃんやペットとすぐに触れあえる

アロマオイル香水は天然成分とアルコール、またはキャリアオイルだけで作られているため香水の人工香料・添加物に弱い人でも安心です。

普通の香水に比べて香りは弱く持続時間も短い分、香水が苦手な家族がいても気兼ねなく使えるでしょう。

小さなボトルで持ち歩けるので、いつでもアロマテラピーできるのも大きな魅力です。

市販のおすすめアロマ香水 スプレー

アロマ香水には、スプレータイプとロールオンタイプがあります。スプレータイプは、精油をアルコールで希釈したものです。

肌に直接付けるだけでなく、洋服やハンカチに吹きかけたり、ピローミストにしたりとさまざまな使い方ができます。

市販のおすすめアロマ香水 ロールオン

ロールオンタイプは、精油をホホバオイルなどの植物性キャリアオイルで希釈した香水です。

先端のボールを転がすようにして、肌に直接付けて使います。耳の後ろや手首、うなじなど狭い部分に塗りやすく、アルコールが苦手な人でも使えるのがポイントです。

ease-aroma-shop
¥2,420 (2022/01/01 23:14時点 | 楽天市場調べ)

好きな香りで手作りしても

手作りアロマ香水

アロマオイル香水は、自宅でも簡単に作れます。スプレー、ロールオンそれぞれの作り方と、おすすめの香りを見ていきましょう。

スプレータイプ

スプレータイプ香水の作り方

  1. スプレー容器に「無水エタノール」を10ml入れる
  2. 好きな精油2~3滴をたらす
  3. フタをしてよく振って混ぜる

スプレー容器はアルコール専用で、遮光のものを使いましょう。

ロールオンタイプ

ロールオンタイプ香水の作り方

  1. ロールオン容器にキャリアオイルを10ml入れる
  2. 好きな精油2~3滴をたらす
  3. 竹串や爪楊枝でかき混ぜる

キャリアオイルとは精油を希釈するために使う植物性オイルのことで、「ホホバオイル」や「スイートアーモンドオイル」など、さまざまな種類があります。

そのままでもスキンケアやマッサージなどに使えるので、一つ持っておくと重宝しますよ。

参考 アロマに使うキャリアオイルとは 種類や選び方・おすすめオイルを紹介

香りの選び方

香りは基本的にお好みで選んで大丈夫ですが、香水は肌に直接付けるので、できれば刺激の弱い精油を選ぶとより安心です。

ラベンダーやスイートオレンジ、ゼラニウムなどは刺激が弱めで、万人受けする香りなので初めての人にもおすすめです。

2~3種類をブレンドして、オリジナル香水を作るのも◎。

参考 アロマオイルはブレンド使いが賢い?2種類混ぜるだけでも深みのある香りに

精油はどこで買う?

精油を持っていない人や、買い足したい人には一式揃う「Flavorlife 公式オンラインショップ」をのぞいてみましょう。

エッセンシャルオイルを「必要なときに必要な量だけ」輸入して、社内で充填しているため、常に新鮮な状態で届きます。

オーガニックな精油や珍しい和精油など、さまざまなタイプがラインアップされており、見ているだけでも楽しめます。

キャリアオイルやマッサージオイル、香水に使える遮光スプレーボトルもありますよ。

手作りアロマ香水の注意点

アロマオイル香水を作る時は以下の点に注意しましょう。

  • 濃度は1%程度から
  • 光毒性のある精油はできるだけ使わない
  • 早めに使い切る

精油は大変刺激が強いため、肌に付ける場合は濃度を控えめにします。

使用する精油の種類にもよりますが、1~2%程度(10mlのアルコールやキャリアオイルに対して2~4滴)で様子を見てくださいね。

また柑橘系精油の中には、紫外線に当たると反応して肌に刺激を与えてしまう「光毒性」を持つものがあります。

日中に外で香水を付ける人は、できるだけ使用しないようにすると安心です。

手作り香水は保存料が入っていないため、作ったら早めに使い切りましょう。(冷暗所に保存した場合で1カ月が目安)

アロマオイルと香水の違いを理解して、あなたも香り美人

アロマオイルと香水は製法も用途も違いますが、香りを楽しむアイテムという点では共通しています。

香水が持つ「プロによる調香の妙」や「ブランドの世界観」は、多くの人を惹きつけます。

一方、アロマオイルが持つ自然のパワーは、人間には決して作り出せないものです。

それぞれの特徴をしっかりと押さえて使い分ければ、香りのおしゃれをもっと楽しめるでしょう。