精油には使用期限がある?余ったアロマオイルを無駄なく使い切る方法

天然の精油には使用期限があります。期限内に使用できずに余った精油は、掃除や消臭に活用して使い切りましょう。

精油を無駄なく使えるおすすめアイデアを紹介します。

アロマオイル(精油)の使用期限はどのくらい?

精油の使用期限とは

一部の精油を除き、ほとんどが紫外線や空気、気温によって成分が変化してしまいます。どのくらいで劣化してしまうのか、具体的に見ていきましょう。

未開封と開封後の使用期限について

精油の使用期限は原料の植物にもよりますが、未開封で製造から3~5年とされています。

開封したものはもっと短く、柑橘系精油で半年、それ以外の精油は1年が目安です。

精油は劣化すると本来の効能や香りを楽しめなくなるので、できるだけ早めに使う必要があります。

開封から1年以上経過しており、白濁したり異臭がしたりする場合は使用を中止して処分しましょう。

参考 アロマオイル(精油)の捨て方 中身を捨てる際の注意点と瓶の分別方法

期限が過ぎた精油はどうする?

古いアロマオイルの使いみち

使用期限が過ぎてしまった精油でも、変な匂いがしなければまだまだ使い道があります。期限切れの精油の用途や使用上の注意を解説します。

肌に触れない方法で使う

使用期限を過ぎたアロマオイルは、香りが変わらなくても成分が変わっている可能性があります。

マッサージオイルや入浴剤、手作り化粧水など肌に触れるものに使うと、肌荒れを起こすかもしれません。

肌に付ける目的で使う場合は期限切れのものではなく、新鮮なアロマオイルを用意しましょう。

掃除やインテリアに使ってみよう

使用期限が切れたばかりなら、掃除や芳香剤に活用できます。市販の芳香剤よりもナチュラルでクセのない、天然の香りを最後まで楽しめますよ。

期限切れアロマオイルで芳香剤を手作り

古いアロマオイルでキャンドル手作り

アロマオイルには芳香作用はもちろん、雑菌を退治して嫌な臭いを消す効果も期待できます。期限切れのアロマオイルでおしゃれな芳香剤を作ってみましょう。

アロマワックスバーやキャンドル

市販のロウソクを溶かしてアロマオイルを数滴混ぜ、固めるとアロマキャンドルができます。

芯を入れて火を点ければ良い香りが漂うキャンドルに、芯を入れずにドライフラワーやビーズで飾り付けすれば、クローゼットで使えるアロマワックスバーになります。

とても簡単に作れるので、試してみてくださいね。

参考 アロマワックスバーの簡単な作り方。100均のワックスや型でおしゃれに作る!

リードディフューザー

精油の瓶に付いているドロッパーを外し、爪楊枝を数本挿すと可愛いリードディフューザーの完成です。

トイレや玄関などの狭いスペースに置いて、芳香・消臭に役立てましょう。

無水エタノールで10倍に希釈して、お好きな瓶に入れ竹串を挿しても良いですよ。

消臭ポット

生菓子や生鮮食品を買うと付いてくる保冷剤には、消臭作用があります。

ガラス瓶に保冷剤の中身を入れ、アロマオイルを数滴混ぜれば即席消臭ポットを作れます。

レモングラスやティーツリーなど、除菌作用の高い精油を使うとカビの予防にも効果的。

食器棚やクローゼット、下駄箱などに置いて使いましょう。

保冷剤がなければ重曹に混ぜてもOKです。重曹なら香りが弱くなった後、そのまま掃除に使えますよ。

参考 アロマで梅雨のジメジメ対策。初夏におすすめの香りと使い方を紹介

期限切れアロマオイルを掃除に活用

期限切れのエッセンシャルオイルで掃除

めんどうな掃除も、天然アロマの香りと一緒ならストレスなく終えられます。期限切れの精油を掃除に活用するアイデアを紹介します。

掃除機の排気臭を軽減

掃除機を使うと気になるモワっとした臭い。実は精油をほんの数滴垂らすだけで、爽やかな香りに変わります。

サイクロン式の場合はティッシュに精油を浸みこませ、小さくちぎって吸い込みましょう。紙パック式は紙の部分に精油を垂らせばOKです。

殺菌作用の高い精油を使えば、吸い込んだごみの中で雑菌が繁殖するのも抑えてくれます。

キッチンの油汚れや水垢落とし

重曹やクエン酸にアロマオイルを混ぜると、香り付きの洗剤が作れます。油汚れには重曹、水垢にはクエン酸でキッチンもすっきり。

ペパーミントやレモングラスなど、爽やかな香りがおすすめですよ。使う時はゴム手袋を着用してくださいね。

拭き掃除

拭き掃除の時は、バケツの水にアロマオイルをほんの少し垂らして、雑巾を良い香りで包みましょう。

ヒノキやユーカリなど、樹木系の精油を使って床や窓枠などを拭くと、とてもサッパリします。

ただし精油は水に溶けにくく、排水溝に流すと詰まる恐れがあります。一度にたくさん入れないように注意してくださいね。

参考 お正月にぴったりのアロマオイルを紹介。和の香りで年末年始を楽しもう

貴重なアロマオイルを無駄なく使って

植物の芳香成分を抽出して作るアロマオイルは、とても貴重な資源です。原料によっては、一瓶数千円もする高価なものもあります。

使用期限内に使い切れなかった時でも、捨ててしまうのはもったいないですね。せっかくの良い香りを、最後まで存分に楽しんでいただけると幸いです。

お手入れ不要アロマディフューザー