大家族にもおすすめの【四角い鍋】とは。揚げ物やパスタを効率的に調理

鍋といえば丸型が主流ですが、最近は四角いフライパンや鍋も人気です。

四角いフライパンや鍋は丸いものに比べて食材がたくさん入り、効率的に調理ができます。

食材をカットせずに調理できたり、2回に分けて調理していた料理を一度に作れたりとメリットが多く、人数が多い家庭にもおすすめです。

四角いフライパンや鍋のメリットと、おすすめアイテムを紹介します。

四角いフライパン・鍋のメリットって?

四角い鍋とフライパンがおすすめな理由

丸いものが四角になると、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

長い食材を入れやすい

同じメーカーの同じような大きさのフライパンにパスタを横にして入れてみると、丸い方はパスタがはみ出てしまいますが、四角い方はすっぽりと入ることが分かります。

このように四角い鍋には長い食材が横向きに入るので、今まで深い鍋にたくさんのお湯をわかしてゆでていた乾麺などを、少ないお湯でゆでられます。

アスパラやトウモロコシのような細長い野菜をゆでたり、アクアパッツァのように魚を丸ごと調理したりするときにも便利です。

四角いフライパンの使い勝手
丸いフライパンにパスタを入れるとはみ出してしまう
四角いフライパンの使い勝手 パスタがはみ出さない
四角いフライパンはパスタがはみ出さない

大容量

丸い鍋の直径と四角い鍋の1辺の長さが同じ場合、鍋の底面積は下記のようになります。

  • 直径25cmの丸いフライパンの底面積:12.5×12.5×3.14=491㎡
  • 25cm四方の四角いフライパンの底面積:25×25=625㎡

このように四角い鍋の方が大容量で、カレーなどの煮込み料理もたくさん作ることができます。しかも収納スペースは丸い鍋とさほど変わりません。

狭いキッチンでも無理なく収納でき、大きな鍋を買わずに済むのは大きなメリットといえるでしょう。

四角いフライパンや鍋を選ぶポイント

使い勝手の良い四角いフライパンの選び方四角い鍋をお店やネット通販などで発見すると、とても便利そうに見えて、つい買ってしまう人も多いのでは。

しかし四角い鍋は見た目だけで選ぶと意外に使えないこともあるため、注意が必要です。

四角いフライパンや鍋を選ぶポイントを見ていきましょう。

熱伝導のよい商品を選ぼう

四角いフライパンや鍋の使い勝手

ガスコンロもIHクッキングヒーターも、画像のように熱源が丸い形である以上、四角い鍋には熱が届きにくい部分が出てきます。

このため熱伝導率がよくない素材で作られた四角形の鍋は加熱ムラが生じることが多く、あまりおすすめできません。

アルミやホーローの鍋なら熱伝導がよく、四角い鍋のメリットを生かせるでしょう。

ステンレスでもアルミを挟んだ「多層」構造になっていれば大丈夫です。

重さにも注意して

四角い鍋は、一見丸い鍋と重さや大きさがあまり変わらないように見えます。

しかし底面積が広い分、重くなってしまうので注意が必要です。

アルミなどの軽い素材なら問題ありませんが、多層構造やホーローの鍋は調理中相当重くなります。

腕力に自信がない人は扱いにくいかもしれません。

用途別のおすすめ四角いフライパンと鍋

家族の人数や用途別の四角いフライパンや鍋のおすすめ

ひと口に四角い鍋といっても、フライパンから揚げ物用の鍋までさまざまな種類があります。

おすすめの四角い鍋を用途別に紹介します。

朝食やお弁当におすすめ 飛田和緒厳選道具 グリルパン

料理研究家の「飛田和緒」がプロデュースした、長方形のグリルパンです。

熱伝導がよいアルミダイキャスト製で、凸凹があるので均一に火が通ります。

余分な油が流れてヘルシーに調理できるのもポイント。

食パンを2枚同時に焼いたり、お弁当用の魚を焼いたりするのにちょうどよい大きさです。

麺類におすすめ 四角いラーメン鍋

インスタントラーメンや冷凍うどんが丸い小鍋に入りきらず、無駄に大きな鍋でゆでてしまう人は意外に多いのではないでしょうか。

こちらのラーメン鍋なら四角い麺がぴったり入る上に、角があるのでスープをこぼさずに丼に移せます。

深さがあるため2杯分を一度に作れるのもポイントです。

夏休みの子どものランチに大活躍しそうな鍋です。

パスタにはコレ 横茹でパスタ

カップ焼きそばの水切り口のような、メッシュのフタが付いているパスタ用の鍋です。

パスタを横にしてゆでるため、お湯の量が少なくて済みます。

ゆであがったらフタの水切り口からお湯を捨てられ、別途ザルを用意する必要もありません。

お湯を捨てたら鍋の中でお好きなパスタソースとあえて、お皿に移せば完成です。

とにかく映える ビタクラフト ダブルグリル鍋

深型と浅型のグリルパンがセットになった、ビタクラフトの四角いグリル鍋です。

深型は蒸し器や揚げ物用・煮込み用の鍋として使えます。

一方の浅型は魚焼きグリルにセットしたり、フライパン代わりにしたりできる他、深型のフタ代わりにもなります。

スッキリとしたおしゃれなデザインは、そのままテーブルに出しても映えることでしょう。

取っ手がとれる? アイリスオーヤマ 6点セット

サイズ違いのフライパンとフタが2セット、取っ手と鍋敷きが1個ずつ入っているお得な四角鍋です。

取っ手を取り外しできるので、そのままオーブンに入れたりテーブルに出したりすることもでき、マルチに使えます。

ガラスフタのつまみ部分に菜箸を置ける溝が設けられているなど、細やかな気配りも魅力的です。

油が節約できる ミニ揚げ物鍋 スクエア

トンカツ約1枚分が丸々入る、長方形の揚げ物鍋です。

丸い鍋に比べて油の使用量が少なくて済むのがポイント。

お弁当のおかず作りや卓上での串揚げ調理にも活躍します。

フタを下ごしらえ用のバットや調理後の油切りトレーとして使える上に、使用後は全部重ねて収納できます。

調理スペースや収納スペースが不足しがちな家庭にもおすすめですよ。

幅広い用途に アサヒ軽金属 ローストパン

フライパンでありながら、オーブン料理や煮込み料理も得意な万能鍋です。

トウモロコシが4本同時にゆでられる他、大きめのハンバーグも4個同時に焼けます。

四角い形を生かして食パンを焼いても。

やぎ家では鶏肉を4枚同時に焼いて、照り焼きやチキンステーキを作ってます!

四角いフライパンの使い勝手のよさ

四角い鍋やフライパンを活用しよう

2~3人分なら小さめの鍋でも余裕ですが、4人分以上となるとワンランク大きな鍋が欲しくなります。

しかしキッチンの収納スペースにも限りがあり、大きな鍋をたくさんそろえるわけにもいきません。

そんな時は四角い鍋を探してみましょう。丸い形を正方形や長方形にするだけで、使い勝手がぐっとよくなります。

細長い食材や四角い乾麺などが無理なく入るので、調理中のストレスも解消されるでしょう。

目的に合わせて最適な鍋やフライパンを見つけてくださいね。

関連記事

料理がおいしくなると評判の、無水調理にチャレンジしてみませんか?[su_highlight background="#edf41b"]「無水鍋」があれば、普通の鍋を使うよりも安全・簡単に無水調理ができます。丈夫で長持ちする[…]

無水鍋と普通の鍋の違いアイキャッチ
お皿を選ぶ

食器を買える店はたくさんあるけれど、本当にお気に入りのお皿を見つけるのは意外に大変です。ネット通販なら自宅でじっくり検討でき、重い食器を持ち運ぶ必要もありません。いつも同じお皿で飽きてきた!おしゃれな食器を買い足したい食器[…]

食器 おすすめ
使い勝手のよい土鍋

手間をかけずにおいしい料理を作れたら…ベストポットはそんなあなたの夢をかなえてくれる、ニュータイプの土鍋です。職人の思いと技が詰まったおしゃれな土鍋・ベストポットの特徴やラインアップ、お得な買い方を紹介します。[…]

ベストポット
高校生のお弁当箱

高校生といえば部活動や塾通いで荷物が多く、電車通学も当たり前です。毎日持たせる弁当箱はどんな大きさがよいのか、悩む人も多いのではないでしょうか。現役男子高校生の弁当を作っているやぎ夫人が、ちょうどよい弁当箱の選び方やおすすめ商品を[…]

男子高校生弁当箱の大きさ
忙しい朝に電気ケトル

お湯をわかすためだけに「電気ケトル」はいらないのでは・・・と思っている人も多いのではないでしょうか。「やかん」の代わりとして登場した電気ケトルも、近年では「電気ポット」のような保温機能や温度調節機能付きタイプも登場し、デザインもお[…]

電気ケトルいらない?アイキャッチ