Amazonブラックフライデー買い物を始める

ネットスーパー 節約に使わない理由はない!ポイントもたまるおすすめを紹介

ネットスーパー 節約

ネットスーパーを使いたくても、「本当に便利なの?」「節約できないのでは?」と不安に感じる人も多いでしょう。

利用を迷っている人に、ネットスーパーのメリットやデメリット、節約するポイントなどを紹介します。

ネットスーパーを上手に使って、めんどくさい買い物を少しでも楽に済ませましょう。

目次

ネットスーパーのメリットって?

ネットスーパー メリット 使わない理由

ネットスーパーは、近くのスーパーが売り場の商品をピックアップして自宅まで届けてくれるサービスです。

自分で買いに行くときと何が違うのか、主なメリットを見ていきましょう。

買い物の時間を短縮できる

ネットスーパーを利用すると、毎日食材や日用品の買い物にかけている時間を大きく減らせます。

2012年に実施された「主婦の料理時間とネットスーパーに関する調査」では、主婦が買い物に出かける頻度と、1回の買い物にかける時間は下記の通りです。

買い物に行く頻度

ほぼ毎日22.8%
2~3日に1回55.2%
週1回程度19.4%
その他2.6%

1回の買い物にかける時間

30分未満6.4%
30分~1時間42.8%
1~2時間42.8%
2時間以上8%

出典:7割以上の主婦、1日あたりの買い物時間は30分以上…既婚女性調査 | リセマム

ほとんどの主婦が、ほぼ毎日買い物に行き、1回の買い物に30分以上かけていると分かるでしょう。

1週間に4回、毎回1時間スーパーに行くと仮定した場合、買い物だけで週4時間、月に16時間使っている計算です。

スーパーまでの往復時間をいれると、もっと長い時間を買い物に費やすことになります。

ネットスーパーなら、1回の注文にかかる時間は10~20分程度です。家から出なくてよいので、着替えや移動のわずらわしさもありません。

重い荷物を運ばなくてよい

食材や日用品の一つ一つは小さくても、たくさん買うと相当な重さになります。特に家族が多い人は、1日分の食材だけで数キロに及ぶことも珍しくありません。

ジュースやお米、洗剤などが加わると、もう手がちぎれそうです。小さな子どもが一緒だったり、雨が降っていたりすると、さらに大変ですね。

車や自転車で買い物に行く場合も、駐車場・駐輪場から玄関までは自分で運ばなくてはなりません。

その点ネットスーパーなら、商品を玄関先まで運んでくれるので、重い荷物を持って移動せずに済みます。

会計や袋詰めの手間がない

スーパーで買い物するときに、意外にめんどうなのが会計や会計後の袋詰めです。近年は自動レジが増えてレジ待ち時間は短縮される傾向にありますが、店によって操作方法が異なるため混乱しがちです。

買い物かごからマイバッグに詰め替えるのも、慣れないと時間がかかります。詰め方が悪くて卵が割れたり、汁漏れしたりすることもあります。

ネットスーパーなら事前に決済できるうえに、袋詰めも不要です。

まとめ買いで食費の節約に

食費の節約方法として効果的とされる方法の一つに「まとめ買いで買い過ぎを防ぐ」ことがあげられます。

スーパーでは、特売につられてつい必要のないものまで買ってしまうことがよくあります。節約した気分になっても、実際には無駄な出費をしているのが実情です。

ネットスーパーでは欲しいものを検索しながら注文するので、衝動買いを減らせます。予算に合わせた計画的な買い物ができるため、結果的に食費の節約につながるでしょう。

ネットスーパーにはデメリットもある

ネットスーパー デメリット 利用しない

ネットスーパーは確かに便利なサービスですが、デメリットもいくつか存在します。利用する前に押さえておきたいデメリットを見ていきましょう。

送料や手数料がかかる

ほとんどのネットスーパーでは、購入金額が少ない場合送料がかかります。

送料が無料になる金額は店舗によって異なりますが、1,000円や2,000円程度の場合は自分で買いに行く方が安く済むでしょう。

また支払いを代引きにすると、手数料を取られることもあります。このためクレジットカードや電子マネー、二次元コード決済など現金以外の支払い方法を持っていない人には向いていません。

希望の時間に届けてもらえないこともある

ネットスーパーでは、基本的に1時間または2時間単位で配達時間を指定できます。ただし時間帯毎に配達できる件数が決まっており、いっぱいになってしまうとその時間帯を指定することはできません。

昼休みにその日の夕食の食材を注文しようとしても、注文できないケースがよくあるのです。

特に天気が悪い日や感染症が流行している時期は、ネットスーパーの利用者が増えて早々に枠が埋まってしまうため注意しましょう。

特売品を買えない

スーパーでは閉店時間が近づくと、消費期限が迫った肉や魚、お惣菜を割引販売することがよくあります。

しかしネットスーパーは事前に注文するため、こうした割引品には出会えません。

特売品を見つける喜びを感じられないのは、ある意味デメリットといえるでしょう。

失敗しないネットスーパー選びのポイント

ネットスーパー 節約 食費

最近ではさまざまな企業がネットスーパーに参入しており、選択肢が増えています。サービスがたくさんあって、どこにしていいか分からない人も多いのではないでしょうか。

ネットスーパーを選ぶときに注目したいポイントを見ていきましょう。

ポイント制度

スーパーの多くは顧客サービスとして、買い物に来る回数や購入金額に応じてポイントを付与するなどの特典を用意しています。

ネットスーパーでも店舗で買う時と同じ条件でポイントがもらえれば、利用する価値は十分あるといえるでしょう。

中にはネット専用のポイントがもらえるスーパーもあります。たとえば楽天西友ネットスーパーでは、買い物するたびに楽天ポイントがたまります。

たまったポイントで支払いできるのはもちろん、お買い物マラソンやスーパーセールでもらえる期間限定ポイントも利用可能です。

配達時間

ネットスーパーの配達時間については、以下の点に注目しましょう。

  • 当日配達の可否
  • 指定できる時間帯

当日配達ができるスーパーなら、朝出勤前に注文しても夕食の支度に間に合います。

お届け時間帯を細かく指定できれば、その時間帯だけ家にいればよいので、予定をたてやすくなります。

帰宅が遅い人は、夜遅くまで配達してくれる店舗を選ぶのもアリでしょう。

最低購入金額や送料無料ラインもチェック

先述の通り、多くのネットスーパーでは最低購入金額や送料無料になる金額が設定されています。

特に送料は利用のたびに発生するため、無料になる金額が低い店舗や送料自体が安い店舗を選んでおくと安心です。

買い物の予算に大きくかかわる項目ですので、必ずチェックしましょう。

ただ、送料や送料無料になる金額が店舗によって異なる場合、公式サイトを見るだけでは分からないこともあります。

最寄りの店舗を探すか、会員登録した後に表示されるので、気になるサービスがあったら試しに店舗検索してみるとよいでしょう。

おすすめネットスーパー比較

ネットスーパー おすすめ 節約

ひと口にネットスーパーといっても地元密着型から全国チェーンまで、さまざまな店舗があります。

主なネットスーパーをピックアップして、特徴を比べてみたので選ぶときの参考にしましょう。

(2022年11月現在の情報・価格はすべて税込)

楽天ポイントが使える「楽天西友ネットスーパー」

「楽天西友ネットスーパー」では、「毎日低価格」を実施している西友の店舗と同じ価格で購入できます。

お買い物で楽天ポイントがたまり、ポイントで支払いも可能です。送料は1回330円(税込)ですが、一定金額以上買い物すると無料になります。

配達時間は注文日を含めて4日後まで、2時間単位で指定できます。朝早めに注文すれば、当日に届けてもらうこともできますよ。

スクロールできます
利用条件楽天IDが必要
配達時間10:00~22:00(2時間単位)
送料330円
送料無料ライン5,500円以上(一部地域を除く)
支払い方法クレジットカード・代引き・楽天ポイント
手数料・代引手数料:330円
・再配送手数料:440円
・キャンセル手数料:変更可能時間以降のキャンセルの場合440円
ポイント楽天ポイント
配送エリア北海道・宮城・福島・埼玉・千葉・東京・神奈川・長野・愛知・滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫・福岡・長崎・熊本

Amazonプライム会員におすすめ「Amazonネットスーパー」

Amazonプライム会員の人は、Amazonフレッシュをはじめとする以下のネットスーパーを利用できます。

スーパーごとに新たに会員登録などする必要もなく、Amazonでの通常の買い物と同じように使えて便利です。

特にAmazonフレッシュは配達可能時間が長く、日中在宅できない人でも使いやすいでしょう。

それぞれの利用条件や対象エリアは下表のとおりです。

スクロールできます
店名Amazonフレッシュライフバロー成城石井
利用条件(最低注文金額)4,000円2,000円2,000円2,000円
配達時間8:00~24:00(エリアにより7:00~23:00)12:00~22:00(エリアにより12:00~20:00)12:00~22:00(店頭受取も可)12:00~22:00
送料390円390円390円390円
送料無料ライン10,000円以上8,000円以上8,000円以上10,000円以上
配送エリア東京・神奈川・千葉の一部東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫の一部愛知の一部東京・神奈川の一部

品ぞろえ豊富「おうちでイオン」

イオンが提供するネットスーパー「おうちでイオン」は、対象エリアの広さと豊富な品ぞろえが魅力です。

育児用品や衣料品、医薬品までさまざまな商品を取り扱っており、必要な買い物を1度で済ませられるのもポイントです。

送料や配送時間は地域・店舗によって異なるので、気になる人は公式サイトをチェックしてくださいね。

スクロールできます
利用条件700円以上
配達時間店舗により異なる
送料店舗により異なる
送料無料ライン店舗により異なる
支払い方法クレジットカード・代引き・WAONカード
手数料店舗により異なる
ポイントWAONポイント
配送エリアほぼ全国

子育て家庭にやさしい「イトーヨーカドーネットスーパー」

セブン&アイ・ホールディングスが運営するネットスーパーです。発行から4年以内の母子手帳を登録すると、送料が半額になる子育て応援サービスが受けられます。

紙おむつやおしりふき、粉ミルクといったかさばる育児用品を安く届けてもらえるのは助かりますね。

配送日時は、最短当日から7日後まで指定できます。送料など詳しい情報は店舗により異なるため、公式サイトで確認してくださいね。

スクロールできます
利用条件7iDが必要
配達時間店舗により異なる
送料店舗により異なる
送料無料ライン店舗により異なる
支払い方法クレジットカード・代引き・nanacoポイント
手数料店舗により異なる
ポイントnanacoポイント
配送エリア北海道・青森・岩手・宮城・福島・新潟・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・大阪・兵庫

デリバリーサービスを活用もアリ

Uber EatsやWoltといったフードデリバリーサービスの中には、地元のスーパー・コンビニ・ドラッグストアなどと提携して食材や日用品を配達してくれるケースもあります。

デリバリーサービスはネットスーパーと異なり、空いている配達パートナーがいればすぐに届けてくれるため、急いでいるときには大変助かります。

たとえば子どもが夜になって急に翌日学校で使う文房具がないと言い出したときも、わざわざコンビニに買いに行かずに済むでしょう。

配達料や手数料はかかりますが、いざというときに使えることを知っておくと安心です。

詳しくはこちらをお読みくださいね

ネットスーパーでお金と時間を賢く節約!

ネットスーパーを使えば、買い物にかける時間を大きく減らせます。

近年は楽天やAmazonといった大手ネット通販も参入しており、より使い勝手がよくなっています。

対象エリアに住んでいるなら、使わない理由はないほど!

ネットスーパーを味方に付けて、食費の節約や家事の時短をかなえましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットスーパー 節約

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次