秋におすすめのアロマはコレ 季節の変わり目を乗り切る香りとブレンドレシピも

秋は夏の疲れに寒暖差が重なり、体調を崩しやすい季節です。植物のパワーがぎゅっと詰まった天然精油を取り入れて、心と体をケアしてあげましょう。

秋におすすめの香りとブレンドアイデア、アロマの楽しみ方を紹介します。

秋にアロマが役立つのはどんなとき?

秋にアロマがおすすめな理由

天然精油には、心や体へのさまざまな効能が認められています。季節や体調に応じて香りを使い分けることで、1年中自然の恵みを身近に感じ、健やかに過ごせるでしょう。

秋にアロマが役立つのは、どのようなシーンでしょうか。

参考 エッセンシャルオイル(精油)とは?特徴と香りの選び方・おすすめショップを紹介

〇〇の秋を堪能

秋といえば食欲・読書・スポーツ・・・

猛暑が過ぎ去り過ごしやすくなる秋は、さまざまな物事にチャレンジする意欲がわきます。

アロマで心身を整えて、日本の秋を堪能しましょう。シーン別のアロマの効能は以下の通りです。

  • 食欲の秋:食欲増進、消化促進
  • スポーツの秋:集中力UP、筋肉疲労の緩和
  • 読書の秋:集中力UP、眼精疲労の緩和

季節の変わり目対策

30℃を超えたかと思えば、いきなり10℃台になるなど、秋は気温の変化が激しい季節です。このようなときは、自律神経の働きが乱れて、冷えがひどくなったり、気分が落ち込んだりしがち。

セイタカアワダチソウやヨモギなど、花粉アレルギーを発症する人も多いですね。

アロマには、ホルモンバランスを整えたり、呼吸を楽にしたりする効能を持つ香りがたくさんあります。

「今日はちょっと調子が悪いな」と思ったときに、少し嗅いでみるだけでよいのでとても手軽ですよ。

参考 花粉症に眠気やだるさ。春の不調におすすめのアロマオイルと使い方

秋におすすめの香り

秋におすすめのアロマの香り

秋はライトな香りよりも、少し濃厚で、落ち着いた香りが似合います。秋に揃えたいおすすめの精油を見ていきましょう。

ホーリーフ

クスノキ科の「ホウショウ」の葉から採るホーリーフは、くせのないフローラルウッディーな香りが特徴です。

ホーリーフに含まれる「リナロール」という成分は、ストレス解消や抗菌・抗ウィルス効果があるとされています。気分が落ち込んだときはもちろん、風邪予防にも使えますよ。

筋肉をほぐす働きもあるので、スポーツ後のマッサージにもおすすめです。

マジョラム

マジョラムは地中海沿岸が原産の、シソ科の多年草です。幸せをもたらすハーブとして、古くから薬草やお守り、新婚夫婦への贈り物などに活用されてきました。

ほんのりと甘く、ややスパイシーな香りは秋のリラックスタイムにぴったり。

マジョラム精油には血行を促進して冷えやむくみを改善する他、胃腸の働きを活発にしたり、筋肉痛を和らげたりすうる効能が期待できます。

クマやくすみを改善する作用もあり、秋の夜長を読書で過ごす人にも◎。

パチュリ

パチュリはインドやインドネシアなどが原産の、シソ科多年草です。漢方では解熱剤として使われてきたそうですから、某RPGのアイテム「やくそう」みたいな感じでしょうか。

香りは「墨汁」や「濡れた土」に似ていて、心を深く落ち着かせてくれます。消炎作用や体を温める作用があり、夏バテからの体力回復におすすめ。

またパチュリは皮膚の軟化や収れん作用が高く、乾燥肌やニキビ肌対策として化粧品にも使われます。手作り化粧水やマッサージオイルを作る人は、試してみてもよいでしょう。

※ただし精油は刺激が強いため作り方の解説をよく読み、容量を守ってくださいね。

クラリセージ

クラリセージは南ヨーロッパ原産の多年草です。細長い茎に花が咲く様子は、ラベンダーを大きくしたような雰囲気。

女性ホルモン「エストロゲン」を似た構造の「スクラレオール」という成分が含まれ、女性特有の心身の不調によいとされています。

痛みを抑制し、呼吸器系にも効能があるクラリセージは、スポーツの秋・花粉症の秋にも有効といえます。

イランイラン

イランイランは熱帯地域原産の樹木で、フィリピンの言語「タガログ語」で「花の中の花」という意味があります。

大きく咲く黄色い花から抽出されるイランイラン精油は、ジャスミンのような甘い香りが特徴です。心を落ち着かせ、不安や怒りを忘れさせてくれる他、女性ホルモンのバランスを整える作用もありますよ。

とても強い香りなので、柑橘系やオリエンタル系など、他の精油に少量をブレンドするのがおすすめです。

秋田杉

秋だからって秋田杉なんて!と思った人。実は近年、日本固有の植物を使った「和精油」が人気を集めています。

秋田杉の葉から抽出した精油には、リラックス・抗菌・ダニよけなどのうれしい効能があり、秋の精油にぴったり。

木の先端部分の青葉のみを使い、杉の花粉成分は入っていないので、杉花粉症の人も安心ですよ。

秋にぴったりなブレンドレシピ

秋のおすすめアロマブレンド

精油は単体で使ってもよいですが、ブレンドするとより深い香りと、たくさんの効能を得られます。秋に試してみたいおすすめブレンドを見ていきましょう。

配合の分量は、同量または3:2:1くらいで加減してみてくださいね。

参考 アロマオイルはブレンド使いが賢い?2種類混ぜるだけでも深みのある香りに

ハロウィンパーティーに「食欲コントロール」ブレンド

 ベルガモット・ペパーミント・ブラックペッパー 

ブラックペッパー精油には胃腸の働きを整える作用があり、食欲不振にも過食にも有効です。爽やかなベルガモットとすっきりしたペパーミントを合わせて、食欲の秋を満喫しましょう。

スポーツ後の「疲労回復」ブレンド

 レモングラス・ローズマリー・ジュニパー 

代謝を促し、筋肉のコリや痛み、炎症を和らげるスポーツの秋にうってつけなブレンド。急に体を動かしてケガしないように、準備運動を忘れないでくださいね。

秋の夜長に「リラックス」系

 ローマンカモミール・ベチパー・バジル 

ざわざわしがちな心を落ち着かせ、マイペースを取り戻せる組み合わせ。ソファやカフェテーブルに置いておけば、読書や映画鑑賞も思う存分楽しめます。

忙しい毎日を忘れて、物語の世界に入りたいときに。

芸術の秋に「クリエイティブ」系ブレンド

 ラベンダー・ペパーミント・クラリセージ 

クリエイティブな作業をするときにおすすめのブレンドです。感受性豊かになれるラベンダーに、キリリとしたペパーミントとクラリセージをミックス。集中力が高まり、すてきな作品ができるかも。

自律神経の調整に、専用ブレンドオイルも

自分でブレンドするのが面倒な人は、最初からブレンドしてあるアロマオイルを買ってもよいでしょう。

「女子のお守り」は女性ホルモンのバランスを整えることに特化した、スペシャルブレンドオイルです。

ハーブ系・柑橘系・フローラル系の3タイプから選べる他、3点セットで購入も可能。生理や更年期のお悩みがある人はチェックしてみてくださいね。

秋におすすめのアロマはコレ 季節の変わり目を乗り切る香りとブレンドレシピも 秋におすすめのアロマはコレ 季節の変わり目を乗り切る香りとブレンドレシピも参考 アロマオイルは効能で選ぼう。女性のプチ不調におすすめのオイルと使い方

秋のアロマ おすすめの使い方

autumn aroma

好きな精油を揃えたら、どんどん活用していきたいですね。秋のアロマを楽しむアイデアを紹介します。

一つは欲しいディフューザー

香りを周囲に広げて楽しむ「芳香浴」は、アロマの定番スタイルです。ティッシュやタオルでも代用できますが、継続して使うなら専用のディフューザーを用意する方が楽です。

ディフューザーの選び方やオススメ商品は、こちらの記事をご覧ください。

手作りもアリ

アロマディフューザーの中でも「アロマストーン」は家で簡単に作れます。好きな形でたくさん作って、家のあちこちで使うと楽しいですよ。

参考 アロマストーンを粘土で手作り。初心者でもいろいろな香りを楽しめる

「アロマピンズ」で香水代わりに

外出先でもアロマを楽しみたい人には、ボタン型のミニディフューザー「Aroma Pins」がおすすめです。

アロマオイルを染みこませ、ジャケットの衿や帽子、バッグに付けてお出かけすると、ほんのりよい香りが漂います。

ポーチに忍ばせて、優雅なお化粧直しタイムを楽しんでも◎。

マッサージオイルにチャレンジ

スポーツ後のマッサージや、お肌のお手入れに使いたい人は、マッサージオイルを作ってみましょう。

作り方は簡単!ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどのキャリアオイルに、濃度が1%以下になるように精油を入れるだけです。精油1滴は約0.05mlなので、キャリアオイル5mlにつき精油1滴と覚えておきましょう。

20mlのマッサージオイルを作るなら、2種類の精油を2滴ずつ入れるとちょうどよくなります。

使う前にパッチテストを行い、作ったオイルは早めに使い切るようにしてください。また妊娠中・授乳中の人や赤ちゃん、幼児には使わないようにしましょう。

秋もアロマで健やかに

秋にぴったりな精油や、ブレンドの方法を紹介しました。アロマの香りで夏の疲れを吹き飛ばし、爽やかな季節を元気に過ごしましょう。

女性の悩みにおすすめアロマオイル
LINEクーポンもらえる! 

アロマシャンプーアロマ