アロマストーンの使い方を覚えよう。お手入れ方法やおすすめ商品も

アロマオイルを使ってみたいけどディフューザーは高いし、電気や火を使うのも面倒!

そんなあなたには「アロマストーン」がおすすめです。

やぎ夫人も、家のいろいろな場所にアロマストーンを置いて香りを楽しんでいます。

しかしアロマストーンを買う前には、こんな疑問がありました。

  • アロマストーンって、どのくらい香るの?
  • アロマストーンにホコリが付いたらどうするの?
  • そもそもアロマストーンってどこで売ってるの?
やぎ夫人
そこで、夫人が実際に使ってみて分かったことや、おすすめのアロマストーンを紹介します。お得な代用方法や手作りの仕方も解説しているのでぜひ最後までお読みください。

そもそもアロマストーンとは

無印良品アロマストーン
無印良品のアロマストーン

アロマストーンは、素焼きの石や石膏、陶器などでできているアロマディフューザーの1種です。

アロマオイルを数滴、原液のままアロマストーンにしみ込ませると、自然にオイルが揮発して周囲に香りが広がります。

アロマストーンの特徴

アロマストーンは電気や火を使わずに、手軽にアロマを楽しめるのが大きなメリットです。

電気式のディフューザーやアロマランプなどに比べて価格が安く、使うオイルの量も少ないため「ちょっと試してみたいな」と思っているアロマ初心者でも使いやすいでしょう。

また、小さくいのでトイレや洗面所、玄関などの狭いスペースにも置けるほか、ドライブや旅行にも持って行けます。

香りの拡散力は弱めですが、1人で楽しむには十分です。強い香りが苦手な人、アロマの刺激に注意したい赤ちゃんやペットがいる人にも向いています。

アロマストーンの特徴
・電気も火も使わないので安全
・経済的
・狭い場所や旅行などに便利
・アロマが苦手な家族がいても楽しめる

アロマストーンの上手な使い方

アロマストーン使い方

続いてアロマストーンの香りの持続時間や、使い方の注意点を見ていきましょう。

香りの持続時間はアロマオイルによって異なる

アロマストーンに染み込ませたアロマオイルはゆっくりと揮発し、数時間から1日ほど香り続けます。

長いものだと2~3日香りが続くことも。香りがしなくなったら、またアロマオイルを染み込ませればOKです。

ちなみに香りの持続時間は、オイルの「揮発性の高さ」によって変わります。

オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系や、ペパーミントなどは初心者にも人気の高い香りです。

しかし揮発性が高いため、すぐに香らなくなるのがネック。その度に継ぎ足していたら、あっという間になくなってしまうでしょう。

揮発性の高いオイルには、ゼラニウムやフランキンセンス、ヒノキなどのオイルをプラスすると長持ちしますよ。

やぎ夫人
寝る前など、1~2時間香ればいいという場合はあまり気にしなくても大丈夫です。

アロマストーンの使い方は簡単。でも注意点も

アロマストーンの使い方はいたってシンプルです。

好きなアロマオイルを、数滴垂らすだけ。

ただしアロマオイルが他の場所にこぼれると変質することもあるため、必ず受け皿を使用してください。

アロマストーンの使い方と注意

アロマストーンのお手入れ方法

アロマストーンの素材は「素焼き」の石です。汚れたからといって水洗いすると、内部に水分がしみ込んでシミやカビの元になります。

中には水洗い可能なものもありますが、基本的に洗ってはいけません。ホコリが付いたらティッシュや乾いた布で取り除きましょう。

また、一つのアロマストーンで違うアロマオイルを使うのもおすすめしません。

香りが混ざって、想像と違う香りになってしまうこともあります。

あえてブレンドを楽しむという手もありますが、初心者にはハードルが高いでしょう。

慣れるまでは「一つのストーンに一つの香り」を守る方が楽ですよ。

アロマストーンの種類と選び方

アロマストーンふくろう

ひと口にアロマストーンといっても、さまざまなタイプやデザインがあります。最適なアロマストーンを選ぶコツを見ていきましょう。

タイプで選ぶ

アロマストーンは主に「置き型」「缶入り」「吊るし型」の3タイプに分けられます。

最もスタンダードなのが置き型タイプです。受け皿にのせて好きな場所に置くだけでよく、寝室や玄関、トイレなどで使いたい人に向いています。

ステンレスの缶に納まっている缶入りタイプは、フタが付いているので旅行や出張、オフィスに持って行くのに便利です。

車やクローゼットで使うなら、ヒモが付いた吊るし型がよいでしょう。

デザインで選ぶ

アロマストーンはデザインも豊富にそろいます。

トイレや洗面所にさりげなく置けば、アロマオイルを垂らさなくてもステキなインテリアになります。

リビングにはシックなものを、子供部屋や玄関には可愛らしい動物型など、使う場所やシーンに合わせてデザインを変えるともっと楽しめそうですね。

初心者におすすめ。アロマストーンとオイルのセット

アロマストーンとオイルのセット

早速アロマストーンを試してみたいあなたに、ネット通販で買えるおすすめのアイテムを三つ紹介します。

どれもアロマオイルがセットになっているので、届いたその日から使えますよ。

のんびり動物プチアロマセット

動物のアロマストーン
出典:楽天市場

動物型のアロマストーンとミニアロマオイルのセットです。

アロマストーンはクマ、ウサギ、バクの3匹から、オイルは40種類の中から選べます。

ゆるくてかわいい動物に、優しく香るアロマオイル。目も鼻も喜ぶ素敵なセットです。

楽天市場で見る

カラバリ豊富な KAVA(カバ) アロマストーンセット

アロマストーンのおすすめアイテム
出典:楽天市場

和三盆糖でできたお菓子のような、かわいいアロマストーンとオイル2個のセットです。

(くれぐれも、間違って食べないように注意してくださいね)

ストーンは7色から、オイルは20種類から選べます。

直径4cmと小さいので、洗面所や靴箱、引き出しに入れても◎

楽天市場で見る

柄が楽しい陶器製 touki seriesアロマストーンセット

陶器のアロマストーン
出典:楽天市場

温かみのあるデザインが魅力の、陶器製のアロマストーンです。

文字が彫ってある素焼きの部分に、アロマオイルを垂らして使います。

側面と底面が陶器なので、アロマオイルが染み出さず、受皿ナシでも使えるのがポイントです。

職人の手作業によるぬくもりと、素焼きのアロマストーンにはない、かわいい柄も素敵。

アロマオイルは20種類の中から2種類選べます。

楽天市場で見る

使い方いろいろ。缶入りタイプと吊るしタイプ

吊るすアロマストーン

アロマストーンをいつも持って歩きたい人や、会社のロッカー、クローゼットで使いたい人におすすめのアロマストーンを紹介します。

アロマストーン アルミ缶入 2個セット

缶入りのアロマストーン
出典:楽天市場

優雅なバラをかたどった、コスメのようなアロマストーンです。7色の中から、好きな色を2個選べます。

フタが透明で、中身が見えるのもうれしいですね。

オイルと一緒にポーチに忍ばせて、オフィスや出張先のホテルでリラックスしたり、寝室用と玄関用で使い分けたり・・・

届くのが楽しみなアイテムです。

楽天市場で見る

吊るしたい人はコレ! ニールズヤード レメディーズ アロマチャーム

アロマチャーム アロマストーン
出典:楽天市場

イギリスの人気アロマブランド「ニールズヤード レメディーズ」のアロマストーンです。

アロマオイルを染み込ませてクローゼットに吊るしておけば、柔らかな香りが服に移ってモチベーションが上がりそう。

真っ白な素焼きのチャームにネイビーのストラップが爽やかです。

楽天市場で見る

アロマストーンは代用や手作りもOK

アロマストーン代用

アロマストーンの役割は、アロマオイルを染みこませてゆっくり揮発させることにあります。

ということは、同じ役割を果たすものであれば、身近にあるもので代用したり、自作したりしてもOKです。

代表的な例を見ていきましょう。

アロマストーン代わりに珪藻土スティックやコースターが使える

バスマットですっかりおなじみになった「珪藻土」。最近では100円ショップでも、珪藻土を使った乾燥材やコースターが売られています。

実はこの珪藻土グッズにアロマオイルを垂らすだけで、アロマストーンと同じように使えます。

珪藻土スプーンやコースターは1個100円、乾燥材なら4個で100円と格安で買えるのもポイントです。

ただし珪藻土は割れやすいので、持ち運びには向いていません。

手作りする方法

アロマストーンは、100円ショップなどで手に入る「石粉粘土」を使って自作もできます。

絵心やデザインセンスのある人なら、売っているものより素敵なアロマストーンを作れるかもしれません。

詳しいやり方はこちらでご案内しています。

とっても簡単で、不器用な人でもすぐに作れるのでぜひお試しください。

アロマストーンの作り方

アロマストーンは、好きなアロマオイルを数滴たらすだけで使える手軽なディフューザーです。アロマ専門店などで買えますが、「石粉粘土(せきふんねんど)」を使えば自分でも安く簡単に作れます。好きな形のアロマストーンをたくさん作って、[…]

アロマストーン手作り

アロマストーンで気軽にアロマを楽しもう

使い方が簡単で値段も安いアロマストーンは、初心者にとてもおすすめのディフューザーです。

なんだか小難しいイメージのあるアロマの世界ですが、アロマストーンとお気に入りのオイルが1本あれば、気軽に楽しめます。

おしゃれなアロマストーンを用意して、自然の恵みがぎゅっと詰まったアロマの香りに癒されてくださいね。

アロマオイルの選び方はこちら

アロマオイルには、なんと100種類以上の香りがあるといわれています。なんとなく「アロマでもやってみよう!」と思ってアロマオイルを買いにいくと、その種類の多さに圧倒されてしまいます。夫人も無印良品のアロマオイルコーナー[…]

アロマオイル初心者
女性の悩みにおすすめアロマオイル
LINEクーポンもらえる! 
生理前のつらい症状専用アロマオイル
500円でお試しも!