夜もコーヒーを飲みたい人に おいしいカフェインレスを紹介

寝る前にコーヒーを飲みたいけれど、カフェインが気になって我慢している人は多いでしょう。

実は飲み方に気をつければ、夜にコーヒーを飲んでもよいといわれています。

それでも気になる人は、カフェインレスコーヒーから始めてみましょう。最近は味のよい商品が増えており、夜のコーヒー欲が十分満たされます。

カフェインレスコーヒーの選び方と、心おきなく飲めるおすすめ商品を紹介します。

夜コーヒーの味方!カフェインレスコーヒーの基礎知識

カフェインレス コーヒー 超臨界二酸化炭素

カフェインレスコーヒーだと飲んだ気がせず、満足できないのでは?と思う人もいるでしょう。そもそも、どうやってカフェインを抜いているのかも気になるところです。

まずはカフェインレスコーヒーに感じがちな疑問を解決しましょう。

普通のコーヒーとの効果の違い

コーヒーの効果は主に以下の二つに分けられます。

  • カフェインによる覚醒・血流促進・疲労回復効果
  • 香りがもたらすリラックス効果

カフェインには眠気覚ましに摂取するものというイメージがありますが、実は血行促進効果や「幸せホルモン」の異名を持つ「ドーパミン」の分泌を促す効果もあります。

目が冴えてしまう心配があることを除けば、夜のコーヒーはとてもおすすめなのです。

またコーヒーの香りには、脳がリラックスした時に出る「α波」を活性化させる成分が含まれています。コーヒーの香りをかぐと、幸せな気持ちになるのはこのためです。

カフェインレスコーヒーでは、カフェインの効果はほとんどありませんが、香りの効果は得られます。普通のコーヒーを飲んでいるときのように、リラックスしたひとときを過ごせますよ。

デカフェやノンカフェインとの違い

カフェインレスもデカフェも、元々カフェインを含む原料から、できるだけカフェインを取り除いたものを指す言葉です。

デカフェの「デ」には「抜く」「脱」といった意味があり、カフェインレスと同じ意味を持っています。

いずれもできるだけ取り除くだけですので、カフェイン量がゼロではありません。

なお日本では、カフェインを90%以上取り除いたコーヒーのみ、カフェインレスやデカフェを名乗ることが認められています。

「ノンカフェインコーヒー」は、カフェインを含まない原料に、コーヒーの風味を付けたものです。そもそもコーヒーではないので、間違えないようにしましょう。

カフェインの除去方法

コーヒー豆からカフェインを除去する方法は、主に2通りあります。

  • ウォーター抽出法
  • 超臨界二酸化炭素抽出法

ウォーター抽出法は、コーヒー豆を水に浸して出てきた水溶液から、カフェインだけを取り出す方法です。

水溶液に溶けだした他の成分は豆に戻されるため、あまり風味を損なわずに済みます。

超臨界二酸化炭素抽出法では、「超臨界流体」と呼ばれる状態にした二酸化炭素をコーヒー豆に通し、カフェイン成分だけを取り除きます。

他の成分が流出しないので、ウォーター抽出法と比べてコーヒー本来の味を残すことが可能です。

ただしコストが高く、どうしても「おいしいけど高い」コーヒーになってしまいます。

なお豆を薬品に浸す「有機溶媒法」という方法もありますが、健康に悪影響を及ぼす可能性があり、日本では販売が禁止されています。

カフェインレスコーヒーの選び方

カフェインレス デカフェ 選び方

ひと口にカフェインレスコーヒーといっても、その種類はさまざまです。何を基準に選べばよいのか、購入のポイントを見ていきましょう。

豆の品質で選ぶ

コーヒー豆は品質によってランク分けされており、最も上質な豆は「スペシャルティコーヒー」と呼ばれます。

スペシャルティコーヒーを使ったカフェインレスなら、風味の点でも満足できるでしょう。

農薬や化学肥料を使わずに栽培した、オーガニックコーヒーもおすすめです。

日本では、オーガニック基準に合格した商品に「有機JASマーク」が与えられます。迷った時は、このマークが付いたものを選んでみるとよいでしょう。

参考 スペシャルティコーヒーとは何のこと? 普通のコーヒーとの違いやお得な買い方を紹介

いれ方で選ぶ

コーヒーを豆から丁寧にいれる人もいれば、インスタントで十分な人もいます。カフェインレスコーヒーも各タイプが揃っているので、好みのいれ方ができるかどうかで選ぶのもアリです。

普段は豆派の人が、カフェインレスだけインスタントを使うのもおすすめです。カフェインレスを毎晩飲むとは限りませんし、寝る前に器具を洗うのも大変ですから。

豆・粉・ドリップバッグ・インスタント・ペットボトルなど、自分が最も便利だと思うタイプから試してみましょう。

焙煎度合いや産地もチェック

カフェインレスコーヒーも、普通のコーヒーと同じで、豆の焙煎度合いや産地で風味が変わってきます。

すっきりとした味わいが好きな人は浅煎り、濃厚な苦みを楽しみたい、カフェオレにして飲みたい人は深煎りがよいでしょう。

産地は主に中南米、アフリカ、東南アジアに分けられます。初めてカフェインレスを飲み人は「ブラジル」や「ブルーマウンテン」などの有名な銘柄が飲みやすいかもしれません。

アフリカ産のコーヒーは、酸味がありすっきりとした味わいが特徴的です。「キリマンジャロ」や「モカ」などがよく知られています。

東南アジアにおける、コーヒーの有名産地はインドネシアです。深いコクと苦みがあり、ミルクや砂糖に合います。

スペシャルティコーヒーのおすすめカフェインレス

スペシャルティ カフェインレス デカフェ

スペシャルティコーヒーは高価ですが、値段に見合う価値を感じられます。特に、夜に飲むカフェインレスタイプは、1日頑張った自分へのごほうびとしても◎。

タイプ別のおすすめカフェインレスを紹介します。

イノセントコーヒー

イノセントコーヒーは、安心でおいしいカフェインレスコーヒーの専門ブランドです。

厳選されたスペシャルティコーヒー豆から、超臨界二酸化炭素抽出法を使って国内で生産しています。

豆のままはもちろん、ドリップバッグタイプやリキッドタイプもあり、好みに合わせて選べます。

おしゃれなパッケージのセット商品も選べるので、ギフトにもおすすめです。

ロクメイコーヒー カフェインレス コーヒーバッグ

奈良にショップを構えるスペシャルティコーヒー専門店「ロクメイコーヒー」のカフェインレスです。

1杯ずついれられるドリップバッグタイプなので、1人で飲む人やたまにしか飲まない人に適しています。

普通のコーヒーとのセット商品や、豆・粉タイプもあります。

GrandVillage カフェオレベース

ウォーター抽出法で、カフェインを99.9%除去したリキッドコーヒーです。

牛乳と割るだけで、おいしいカフェオレが完成。ホットでもアイスでも楽しめます。

寝る前に飲むコーヒーにあまり手間をかけたくない人や、カフェオレ好きな人に。

洗い物が少ないインスタントタイプのカフェインレス

インスタント デカフェ おすすめ

普段はインスタントコーヒーを飲まない人も、カフェインレスなら利用価値がUPします。

インスタントはカップに入れてお湯で溶かすだけなので、抽出の手間がありません。

スプーン1本で済むので、寝る前に洗い物をしたくない人にはとてもおすすめなのです。

インスタントでカフェインレスって、もはやコーヒーと言えるの?と思っている人もきっと満足できる、おすすめ商品を紹介します。

参考 自宅で飲むインスタントコーヒーは高級志向が正解 手軽でおいしいおすすめを紹介

INIC coffeeナイトアロマ

パウダーなのに、ドリップタイプに引けを取らない本格的な風味が人気の「INIC coffee」。カフェインレスのラインアップも豊富です。

パウダーの粒子が大変細かく、冷たい水や牛乳にもサッと溶けます。

毎日飲む人はボトル入りを、そうでもない人はスティックタイプを選べるのも魅力です。

24 Organic Days カフェインレス

オーガニック&フェアトレードのコーヒー豆を使用した、スペシャルなインスタントコーヒーです。

二酸化炭素抽出法なので、インスタントながらもコーヒー豆本来の風味を味わえます。

カフェイン残留率が0.3%と低く、いれる手間もかからないので、夜コーヒーにぴったりです。

マウントハーゲン カフェインレスインスタントコーヒー

マウントハーゲンはドイツの小さな村からスタートした、サスティナブルなコーヒーメーカーです。

こちらもオーガニック&フェアトレード&超臨界二酸化炭素抽出法と、おいしい条件が揃っています。

100gの瓶入りと、小分けのスティックタイプが選べます。

スティックタイプは会社や旅行先で飲みたい時に便利ですよ。

お手頃価格 レギュラータイプのカフェインレス

カフェインレス ドリップバッグ

普通のコーヒーと同じように、毎日たくさん飲みたい人に、手頃でおいしいレギュラータイプを紹介します。

小川珈琲店 カフェインレスブレンド

ウォーター抽出法で、97%以上カフェインを除去したコーヒー豆です。

フェアトレードで仕入れた豆を使い、熟練の職人が焙煎・ブレンドを手がけています。

中細挽きの粉タイプなので、挽く手間がなくドリップするだけで飲めます。

澤井珈琲 4種のカフェインレス

個包装のドリップバッグが80個入ったお得なセットです。注文してから焙煎しているので、新鮮な風味が楽しめます。

コロンビア・モカ・マンデリン・ブラジルの4銘柄が試せるのもポイント。

今日はどれにしようかなと、選ぶ楽しみもあります。

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス

深煎りタイプが好きな人におすすめな、無印良品のお徳用コーヒー粉です。

ホンジュラス産有機アラビカ豆を使用し、ほどよいコクとさわやかな酸味が感じられます。

400gと大容量なので、家族で飲む人や、1日に数杯飲む人にもおすすめです。

参考 コーヒー豆詰め替え容器の選び方 おいしさキープするおすすめキャニスター

夏にうれしい カフェインレスのアイスコーヒー

カフェインレス アイス おすすめ

ついごくごく飲んでしまうアイスコーヒーも、カフェインレスを用意しておくと安心です。

水だしタイプやそのまま飲めるタイプなど、ライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね。

※ただし夜寝る前に冷たいものを飲むのは、あまりよくないので昼間に飲むようにしましょう。

参考 自宅向けのアイスコーヒーを紹介。面倒くさくない、おいしいコーヒーでおうちカフェ

加藤珈琲店 カフェインレスリキッドコーヒー

グラスに注ぐだけですぐに飲める、紙パックタイプのコーヒーです。

常備しておけば、急な来客にも対応できますよ。

よく冷やしてアイスで飲むのはもちろん、レンジで温めればホットでもおいしく飲めます。

コトハコーヒー カフェインレス 水出しコーヒー

オーガニックカフェインレスコーヒー専門店「コトハコーヒー」の水出しバッグです。

150mlの水に一袋、約6時間でおいしいアイスコーヒーの完成。

飲みたい時間に合わせて準備しておき、できあがりを楽しみに待ちましょう。

辻本珈琲 デカフェ オレ・ベース

希釈タイプのリキッドコーヒーなら、水や牛乳で好きな濃さに薄めたり、アイスにかけたりとさまざまな楽しみ方ができます。

カフェインレスだから、子どものデザートにも安心して使えます。

甘い方が好きな人には、加糖タイプもあります。

夜にコーヒーを飲むときの心得

夜にコーヒー飲みたい

カフェインレスといえども、夜にコーヒーを飲むときはいくつか注意したいポイントがあります。

効果的な飲み方をおさえて、素敵な夜のひと時を過ごしましょう。

ホットで飲もう

コーヒーに限らず、寝る前に冷たいドリンクを飲むのは避ける方がよいでしょう。

体が冷えて、眠りの質が下がります。

トイレが近くなり、何度も目が覚めてしまうおそれも。

ミルクを入れよう

コーヒーはブラックでなくちゃ!という人も、夜はミルクをいれることをおすすめします。

ミルクには「メラトニン」と呼ばれる睡眠を促す成分が含まれているので、そのまま飲むよりも、カフェインの影響が和らぐのです。

コーヒーの苦みも緩和され、マイルドになるのも寝る前にはうれしいポイントといえます。

少量をゆっくり飲もう

夜のコーヒーは、リラックスするために飲むもの。

たくさん飲むと胃が疲れますし、やはりトイレが近くなりますから、量を少なめにしてゆっくりと味わいましょう。

おいしいカフェインレスで、夜のコーヒータイムを満喫しよう

カフェイン除去方法の進化もあり、カフェインレスコーヒーも、普通のコーヒーと同じくらい種類が豊富になっています。

味もよいものが多く、今までカフェインレス敬遠していた人が、1度試してリピーターになるケースも。

お気に入りの豆を見つけて、夜のコーヒーを満喫しましょう。