読めば歴史が好きになるかも。中学生でも楽しめる面白い本を紹介

歴史を学びたいけれど、どうも興味が持てない。そう感じている方は多いのではないでしょうか。

はるか昔のできごとや人々の暮らしぶりについて、難しい言葉で語られても、ピンとこないのは無理もありませんね。

ここでは身近なテーマを扱った、親しみやすい時代小説や歴史研究本を紹介します。

歴史に興味がない学生さんにもおすすめですよ。

【歴史に興味がない方向け】本選びのポイント

歴史本を選ぶ

学校で勉強する歴史は、年代の暗記や難しいワードのオンパレードです。

習う範囲も広く、途中で投げ出したくなってしまう教科の一つといえるでしょう。

大人になって、もう一度歴史を学びたいと思ったとしても、難しいのはこりごりですね。

手軽に楽しく読める歴史本を選ぶコツを見ていきましょう。

好きなジャンルから入る

歴史の勉強は苦手でも、数学や理科は好きという子はたくさんいます。

自分が得意なジャンル、好きなジャンルについて書いてある本なら、きっと興味を持って読みすすめられます。

大人なら、料理や掃除などの家事をテーマにした本や、経済について考察した本もおすすめです。

楽しみながら読んでいくうちに、自然に歴史の知識が身に付きますよ。

短編集を選ぶ

歴史に興味がない人が、いきなり歴史上の有名人物一代記などを買っても、途中で飽きてしまう可能性があります。

飽きやすい方は、すぐに読み終わる短編集がおすすめです。

さまざまな時代・国・人物に触れてみて、興味を引かれた内容があれば、深く学んでみるとよいでしょう。

分かりやすくて身近なものを選ぶ

歴史の本には難しい言葉がたくさん出てくるため、意味が分からずに挫折してしまうことも。

巻末の索引でいちいち調べるのも面倒です。

口語体で書かれていたり、言葉の解説をすぐに見れたりする本を選ぶと、読むのが楽です。

また、昔の人の暮らしぶりが分かれば、遠い昔のできごとも身近に感じられます。

はじめに昔の食べ物や衣服などを紹介した本を読んで、基礎知識を付けておくのもおすすめですよ。

他ジャンルとのコラボが楽しい歴史本

他ジャンルとのコラボが楽しい歴史本

数学、天文学、経済学・・・現在の発展は、昔の人の努力があってこそ!

そんな事実がよく分かる歴史本を紹介します。

『夢中になる!江戸の数学』

日本で独自の進化をとげた数学、「和算」の魅力を紹介した本です。

この本を読むと、江戸時代の日本人が心から「数学」を楽しみ、まさに「夢中」になっていたことがよく分かります。

何よりうれしいのは、殿さまや武家などのエラい人だけでなく、農村の子どもたちまでが和算を楽しんでいたという事実です。

難しい問題にチャレンジする心や、解けた時の喜びを、みんなで共有していた江戸時代。

勉強って、こうあるべきかもと思わせる1冊です。

『天地明察』

日本オリジナルの太陰暦を作るという、途方もない事業に取り組んだ人々の物語です。

主人公はもちろん、保科正之や水戸光圀など、事業に関わるすべての登場人物が非常に魅力的で、人間味にあふれています。

また、現代のように便利な観測機械やコンピューターがない中、正確に天体観測ができた江戸時代の技術力にも驚かされます。

ドキュメンタリー番組に登場するベンチャー起業家のような、波乱万丈なストーリーに、歴史に興味がない方も共感できる作品です

『お金の流れで見る戦国時代』

元国税調査官の筆者が、戦国武将のフトコロ事情を分析したビジネス書です。

戦国武将といえば、「戦の強さ」にばかり目が行きがちですが、本当に必要だったのはやっぱり「お金」。

経済的センスに秀でていた織田信長と、そうではなかった武田信玄との比較が興味をそそります。

他にも物資の調達術や南蛮貿易についてなど、なるほどそうだったのかと納得するエピソードが満載です。

効率よく読める短編集

効率よく読める短編集

続いてすき間時間でサクッと読める短編集を紹介します。

授業では素通りしてしまうような、歴史のワンシーンをチラ見できますよ。

『五郎治殿御始末』

明治維新という激動の時代を生きた無名の「侍」を描いた短編集です。

映画化された『柘榴坂の仇討』を含め、6編のエピソードが収録されています。

歴史に興味がない方も、『西を向く侍』『遠い砲音』は楽しく読めるはず。

詳細は読んでからのお楽しみですよ。

『撫子が斬る』

ミステリー要素たっぷりの時代小説「捕物帳」をたっぷり読める短編集です。

宮部みゆきが厳選した、女性作家の傑作だけを収録しています。

江戸時代のお話が多いですが、明治時代や中国が舞台の作品もあり、さまざまな歴史に触れられます。

お気に入りの作家を探すきっかけとしてもおすすめです。

楽に読める歴史本

楽に読める歴史本

最後に今どきの言葉で書かれたものや、衣食住が分かりやすいものなど、楽して歴史を学べる本を紹介します。

『マリー・アントワネットの日記』

あの悲劇の王妃「マリー・アントワネット」が、まるで友だちのようにギャル語で話しかけてくる斬新な日記小説です。

歴史用語ではなく、ギャル語部分に注釈が付いているのも超ウケます

一見ふざけているようで、きちんと史実をおさえているのもポイントです。

世界史の授業でフランス革命のくだりになると、必ずといっていいほど悪者扱いされるマリー・アントワネットですが、本当に彼女だけが悪モノだったのでしょうか?

謎のしきたりや女性差別に苦しみ、何か言えばメディアや大衆に攻撃されるアントワネット。

もしかして、今の私たちに似ていない?

『戦国、まずい飯!』

昔の人は、どんなものを食べていたんだろう。そんな素朴な疑問に真摯にこたえてくれる1冊です。

気になる戦国時代の食べ物をできるだけ忠実に再現し、実際に食べてみる、レポート的な内容になっています。

日常の食事はもちろん、戦に行くときの携帯食料やお酒まで、有名戦国武将のエピソードも交えながら解説。

こんなにまずそうな食事でよく戦えたなと、いかつい戦国武将に思わず同情してしまいます。

『平安女子の楽しい!生活』

女子中学生や女子高校生向けに、イラストや図を豊富に使って、平安時代の貴族の暮らしを分かりやすく解説した本です。

インテリアグッズやファッションアイテム、恋愛テクニックなど、身近な内容が興味を引きます。

「美人の条件は髪」「イケメンの条件は美文字」「顔も見ずに結婚」など、衝撃的な事実が満載で、大人が読んでも面白い作品です。

古文で習う「短歌」についても、ついでに詳しくなれますよ。

歴史を知って人生を豊かに

今まで歴史に興味がなかった方でも、抵抗なく読める本を紹介しました。

本を読んで少しでも興味のあるジャンルや時代、人物などが見つかれば、そこからさらに掘り下げていくことができます。

あなたも長くて深い歴史の世界に、一歩足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

こちらもどうぞ

時代小説は難しいと思っていませんか?いかめしい名前の武士や貴族、聞き慣れない昔の地名などが出てくると、歴史の授業を思い出して読む気がしないという方も多いかもしれませんね。今回はそんな時代小説のイメージをくつがえす、身近なテーマを扱っ[…]

時代小説
地理の学習に

中学生以降になると、歴史や地理など、社会の学習が嫌いになる子どもは少なくありません。小学生の頃は楽しく学べていたのに、受験やテスト対策で覚えることがたくさんあって「もう嫌!」となってしまうパターンが多いようです。しかし社会の[…]

地理が好きになるおもちゃ