手作り布スリッパで快適なおうち生活 草履が苦手な人にもおすすめ

肌触りがよく、蒸れにくい布製のスリッパを室内履きとして愛用している人も多いのではないでしょうか。

韓国の布スリッパが、お土産として流行していたこともあります。

布製の室内履きといえば、布草履も人気です。いらなくなった着物やTシャツで作る布草履は、エコな上にかわいくておしゃれ。

編み目の凹凸や鼻緒が足の健康にもよいといわれており、室内で長く過ごす人に大変おすすめです。

今回は布草履をアレンジした「布スリッパ」に注目。履き心地や布草履との使い分けについて解説します。

布スリッパと布草履の違い

布ぞうりとスリッパ

はじめに布スリッパとはどのようなものなのか、簡単に紹介します。

布草履との大きな違いは鼻緒の有無

布スリッパは、布草履の鼻緒の部分を、足の甲を覆うカバーのように編んだものです。鼻緒がないので、以下のようなメリットがあります。

  • 足指の間が痛くなる心配がない
  • 靴下を履ける
  • 旅行に持って行きやすい

布草履の鼻緒はとても柔らかく、指の間が痛くなることは滅多にありません。むしろ親指と人さし指で鼻緒を挟んで歩くと、足の健康にとてもよい効果が期待できます。

参考 布ぞうりを履いてみよう!サイズの選び方やおすすめショップを紹介

とはいえ、草履に慣れていない人が、いきなり鼻緒付きのルームシューズを履くのはやはり心配なものです。

布スリッパなら、鼻緒の心配をせず普通のスリッパ感覚で履けます。寒い日には靴下と合わせて、暖かく過ごせるのも大きなメリットです。

参考 布草履には冷え予防効果あり?靴下やレッグウォーマーと合わせて温かく

布スリッパの履き心地

布スリッパかわいい
 
やぎ夫人
1日中在宅ワークの夫人が布スリッパを履いた感想をお伝えします

暖かい

こちらの布スリッパは甲を覆う部分が広く作られていて、足をすっぽりと包み込んでくれます。

天然のコットンやシルク、ウールを使用しているので、合皮や化繊のスリッパと違って冷たくありません。

足を入れた瞬間に、ほっとするような暖かさを感じました。春~秋は素足で、冬は靴下を合わせて1年中履けそうです。

蒸れない

スリッパを長時間履いていると、どうしても足が蒸れてきます。足が蒸れると汗をかき、汗が蒸発して足が冷えるという悪循環になることも。

布スリッパは甲が覆われているとはいえ、蒸れにくい点は布草履と同じです。つま先が開いているタイプや、甲が狭いタイプを選べば夏でも快適ですよ。

布草履と布スリッパで迷ったら おすすめショップ

布草履埼玉手作り作家

布草履と布スリッパ、どちらを買おうか迷ったら・・・夏と冬で履き分けるのもおすすめです。布スリッパはウール製や足の甲部分が深いタイプを選べば、冬の寒い室内でも快適。

一方の布草履は、やっぱり素足に履くと気持ちがよいものです。

参考 冬はスリッパタイプもおすすめ。布草履は季節や体調で使い分けて

今回紹介した布スリッパは、下記のショップで購入できます。

布草履・布スリッパ共にラインアップが豊富で、キッズサイズや大きいサイズもそろっています。布草履選びで迷っている人は、一度立ち寄ってみてくださいね。


靴の宅配クリーニングリネット 靴クリーニング
靴の宅配クリーニング - 美靴パック -